愛す

  1. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】

    青年鹿を愛せり嵐の斜面にて金子兜太「斜面」を「なぞえ」と読んで句がよく響く場合もあるが、この句としてはやはり「しゃめん」と読みたい感がある。青年期の性の不安定性といったよく流布された言説に回…

おすすめ記事

  1. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  2. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  3. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
  4. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  5. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
  2. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  3. 【夏の季語】夏蝶
  4. 【冬の季語】小六月
  5. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
PAGE TOP