押す

  1. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和(冬)】

    しかと押し朱肉あかあか冬日和中村ひろ子(かりん) 小学校の卒業記念品だったと思う。印鑑をもらった。これから使うようになるからという理由だったが、正直さほど嬉しくはなかった。生命保険会社で働いていた頃…

  2. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】

    白萩を押してゆく身のぬくさかな)飯島晴子 両側から萩が、「…

  3. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

    夕焼や答へぬベルを押して立つ久保ゐの吉)七月が来た。梅雨は…

  4. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】

    除草機を押して出会うてまた別れ越野孤舟(こしのこしゅう)(星野立子)…

おすすめ記事

  1. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  2. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  3. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】

Pickup記事

  1. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
PAGE TOP