掘炬燵

  1. 【冬の季語】炬燵

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】炬燵床や畳床などに置いた枠の中に熱源を入れ、外側を布団等で覆う暖房器具。古くは点火した木炭や豆炭、練炭を容器に入れて用いていたが、現在は電気こたつが多い。脚…

  2. 【冬の季語】掘炬燵

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】掘炬燵床を切って炉を設けた「炬燵」。…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  2. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  3. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  4. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  5. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ

Pickup記事

  1. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  2. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  3. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  4. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
PAGE TOP