教科書

  1. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】

    まだ固き教科書めくる桜かな)黒澤麻生子2016年4月8日金曜日、筆者の俳句人生に大きな影響を及ぼす句会がスタートした。俳人協会による若手句会である。第一回開催日が虚子忌だったので鮮烈に記憶に刻まれた…

おすすめ記事

  1. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  2. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  3. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  4. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  5. 【冬の季語】枇杷の花

Pickup記事

  1. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  2. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
  3. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  4. 【冬の季語】鼻水
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
PAGE TOP