敷かれる

  1. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

    筍にくらき畳の敷かれあり)飯島晴子 本意にどっぷり浸かりながらも、本意に抵抗する矛盾そのものが俳句形式ではないかという晴子の考えは以前も紹介した。筍も畳も本意をたっぷり含んだ言葉である。晴子に竹や筍…

おすすめ記事

  1. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  2. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  3. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  4. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  5. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

Pickup記事

  1. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  3. 【秋の季語】天の川
  4. 【夏の季語】酢漿の花
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
PAGE TOP