新型コロナウイルス

  1. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

    鉄瓶の音こそ佳けれ雪催)潮田幸司銀化誌のリモート編集はかなりの労力を伴うものだった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、東京の事務所に集まっての編集作業は好ましくないとの編集長判断である。その期間…

おすすめ記事

  1. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  2. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  4. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎

Pickup記事

  1. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  3. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  4. 【クラウドファンディング実施中】『神保町に銀漢亭があったころ』を本にしたい!【終了しました】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
PAGE TOP