新酒

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】

    【第10回(最終回)】「さび」しくなって心を見つめる武将の処世と茶の湯墨染めの夕べや名残り袖の露  細川幽斎 織田信長の追善供養の為に、細川幽斎は本能寺の焼け跡に仮屋を作り、百韻連歌の興…

  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】

    【第9回】茶の旬「新」茶という言霊白き花活けて新茶の客を…

  3. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】

    くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな皿井旭川(さらい・きょくせん)まさとし))…

  4. 【秋の季語】新酒/今年酒

    【秋の季語=晩秋(10月)】新酒/今年酒【解説】その年の新米で醸造した酒のこと。い…

おすすめ記事

  1. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  2. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  3. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  4. 【冬の季語】室咲
  5. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  5. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
PAGE TOP