早稲田俳句会

  1. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】

    天高し深海の底は永久に闇中野三允(『三允句集拾遺・俳遍路』)変な句である。「天」と「深海」なのでわかりやすすぎる取り合わせ。しかも中七下五(正確には字余りの破調。「永久」を「とわ」と読めば中八、「え…

おすすめ記事

  1. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  2. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  4. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  5. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

Pickup記事

  1. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  2. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  3. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  4. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  5. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
PAGE TOP