春泥

  1. 【春の季語】春の泥

    【春の季語】春の泥【ミニ解説】「春泥」のこと。【春の泥(上五)】春の泥椿の幹にしたゝかに 西山泊雲春の泥御用詩人が世なりけり 加藤郁乎春の泥オモニがチマをちよと抓み 山尾玉藻春の泥乾きて…

  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞

    【第1回】春泥を突き抜けた黄金の船(2012年皐月賞・ゴールドシップ)…

  3. 【春の季語】春泥

    【春の季語】春泥【ミニ解説】ほかの季節の「泥」が季語認定されないのは、やは…

  4. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】

    春泥を帰りて猫の深眠り藤嶋務マンハッタンに住んで30年ほど…

  5. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】

    幻影の春泥に投げ出されし靴星野立子(『続立子句集第二』1947年 菁柿堂)…

おすすめ記事

  1. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  2. 【冬の季語】冬に入る
  3. 【新年の季語】初旅
  4. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  2. 【クラウドファンディング実施中】『神保町に銀漢亭があったころ』を本にしたい!【終了しました】
  3. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  4. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  5. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
PAGE TOP