春雷

  1. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】

    春雷の一喝父の忌なりけり太田壽子ある春の日、雷が鳴った。職場に居合わせた人達は「雷だ」「怖い」「雨降るかな」などと口にしていたが、その中の一人が「あ、春雷」と言った。素敵な響きだった。「かみなり」と…

  2. 【春の季語】春雷

    【春の季語=三春(2〜4月)】春雷春の「雷」のこと。ただ「雷」とい…

  3. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】

    あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷「春の雷」は、啓蟄…

  4. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】

    春雷や刻来り去り遠ざかり星野立子どうして春雷というのは、い…

おすすめ記事

  1. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  2. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  3. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
  5. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  2. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  3. 【夏の季語】紫陽花
  4. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  5. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
PAGE TOP