暑がる

  1. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】

    フラミンゴ同士暑がつてはをらず後藤比奈夫)命に関わる雨が降る梅雨がもう数年続いて、今はそういう時期なんだと体が覚えてきております。いつもよりも多めにペットボトルの水を買い、ベランダの掃除を念入りにし…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】梅早し
  2. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  3. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  4. 【冬の季語】水仙
  5. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  2. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  3. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  4. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
PAGE TOP