月光

  1. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信

    「月光」旅館       開けても開けてもドアがある)高柳重信頭に浮かんだのはメリーミルク。懐かしの昭和のアイテム、明治の缶入り練乳である。同名のコナミルクも販売されていたようであるが、どちらも今は…

  2. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】

    月光に夜離(よが)れはじまる式部の実保坂敏子(『芽山椒』)…

  3. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】

    月光にいのち死にゆくひとと寝る橋本多佳子一度だけ、仮通夜を…

  4. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】

    月光や酒になれざるみづのこと菅 敦日本酒づくりには、…

おすすめ記事

  1. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  2. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  4. 【春の季語】鳥の妻恋
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】

Pickup記事

  1. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  2. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  3. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  4. 【冬の季語】梅探る
  5. 【春の季語】春雨
PAGE TOP