木の芽

  1. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】

    帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず細谷源二細谷源二は新興俳句弾圧事件で検挙され、その後保釈されたのも束の間、東京大空襲で職場を失い、終戦の直前に開拓移民として北海道に渡った。その開拓生活の際に書いていた…

  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】

    隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな加藤楸邨(『雪後の天』1943年 交蘭社)…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  2. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  3. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  4. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  5. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 

Pickup記事

  1. 【新年の季語】宝船
  2. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  3. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  4. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  5. 【秋の季語】秋分
PAGE TOP