村山砂田男

  1. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

    背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く村山砂田男(『夏炉冬扇』) 『娼婦ベロニカ』という映画があった。ヒロインのベロニカは、貴族出身のマルコと恋仲であったが、身分の違いにより結婚を諦める。元高級娼婦の母…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  2. 【夏の季語】父の日
  3. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  5. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】

Pickup記事

  1. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  2. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  3. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  5. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
PAGE TOP