1. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】

    また次の薪を火が抱き星月夜吉田哲二 嬉しいか、絶対に嫌か。サプライズは好みが大きく分かれる。程度にもよるだろう。フラッシュモブを苦手とする人は多そうだが、好きな人であれば大いに喜んでもらえる。その見…

  2. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

    犬去れば次の犬来る鳥総松大橋越央子(おおはし・えつおうし))まさとし))…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】三月
  2. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  3. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  4. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  2. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  3. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  4. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  5. 【冬の季語】時雨
PAGE TOP