残る

  1. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】

    農薬の粉溶け残る大西日井上さち農薬散布が終わり、これで一日の仕事が片付いた。そしてふと粉剤を溶かしていた容器の底を見ると、完全には溶けきらなかった粉が残っていることに気づいたのである。よく混ぜたつも…

  2. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】

    のこるたなごころ白桃一つ置く小川双々子(『小川双々子全句集』1990年)…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏の蝶
  2. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  3. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  4. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  5. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  2. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】
  4. 【冬の季語】小寒
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
PAGE TOP