永六輔

  1. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

    「十六夜ネ」といった女と別れけり永六輔 高校時代、ありがとうをいつも「サンキュ」という同級生がいた。特に特徴のない言葉なのだがやはりありがとうの方が主流だし「サンキュー」でなく「サンキュ」である点も…

おすすめ記事

  1. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  2. 【冬の季語】愛日
  3. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】
  4. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】
  5. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】室咲
  2. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  3. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  4. 【春の季語】三椏の花
  5. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
PAGE TOP