永田和宏

  1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏

    スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学永田和宏『新・百人一首 近現代短歌ベスト100』(岡井隆ほか・文春新書)では、「美し」を「うつくし」と読んでいる。定型に合わせて「はし」と読ん…

  2. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】

    橘や蒼きうるふの二月尽三橋敏雄小池光の歌集『日々の思い出』…

おすすめ記事

  1. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  2. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  3. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  4. 【夏の季語】夏館
  5. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍

Pickup記事

  1. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  2. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】
  3. 【春の季語】椿
  4. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
PAGE TOP