沈丁

  1. 【春の季語】沈丁花

    【春の季語=三春(2月〜4月)】沈丁花「沈丁花」は、春先に香り高い花を咲かせる常緑の低木。「じんちょうげ」とも「ちんちょうげ」とも読むが、歳時記では前者が採用されていることが多い。歴史的仮名遣いでは…

  2. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

    沈丁や夜でなければ逢へぬひと五所平之助(『五所亭俳句集』)…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  2. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  3. 【春の季語】立春
  4. 【新年の季語】門松
  5. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】

Pickup記事

  1. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【17】/三代川次郎(「春耕」「銀漢」「雲の峰」同人)
  3. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  4. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  5. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
PAGE TOP