海鼠

  1. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】

    海鼠切りもとの形に寄せてある小原啄葉ありていに言っただけなのに驚かされる句だ。切り分けたものを元の形に戻すという行動のみに着目すれば笑える気もするが、海鼠の曖昧模糊としながらも確かに切られて…

  2. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸

    【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠【解説】最初にナ…

  3. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】

    海鼠噛むことも別れも面倒な遠山陽子(『高きに登る』) そろ…

  4. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】

    アカコアオコクロコ共通海鼠語圏佐山哲郎「圏」と…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】旧正
  2. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  4. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  5. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】雑煮
  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  3. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  4. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
PAGE TOP