海鼠

  1. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】

    海鼠切りもとの形に寄せてある小原啄葉ありていに言っただけなのに驚かされる句だ。切り分けたものを元の形に戻すという行動のみに着目すれば笑える気もするが、海鼠の曖昧模糊としながらも確かに切られて…

  2. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸

    【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠【解説】最初にナ…

  3. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】

    海鼠噛むことも別れも面倒な遠山陽子(『高きに登る』) そろ…

  4. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】

    アカコアオコクロコ共通海鼠語圏佐山哲郎「圏」と…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  2. 【#46】大学の猫と留学生
  3. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  4. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  5. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】

Pickup記事

  1. 【#44】写真の不思議
  2. 【夏の季語】蟇
  3. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  4. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
  5. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
PAGE TOP