1. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】

    暮るるほど湖みえてくる白露かな根岸善雄このたび、九月・十月の水曜日の「ハイクノミカタ」を担当することになりました伊藤幹哲です。伊藤幹哲と書いて、「いとうまさのり」と読みます。読めませんね。俳号ではな…

  2. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 

    湖をこつんとのこし山眠る)松王かをり(「北海道俳句年鑑2022」より)…

  3. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】

    みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝森澄雄「鰲」とは、ゴウと読み、…

  4. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】

    湖の水かたふけて田植かな高井几董(大須賀乙字編『故人春夏秋冬』)…

おすすめ記事

  1. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  2. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  3. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  4. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  5. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】

Pickup記事

  1. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  2. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  5. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
PAGE TOP