源氏物語

  1. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】

    杜鵑草遠流は恋の咎として谷中隆子(『くれなゐに』)恋の罪の代償として遠流の刑を受けた男というと、誰を思い出すであろうか。『伊勢物語』の在原業平、『源氏物語』の光の君…。それとも渡辺淳一の小説『愛の流…

  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター

    趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター青木亮人(愛媛…

おすすめ記事

  1. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  2. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  3. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  4. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  5. 【冬の季語】寒し

Pickup記事

  1. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  3. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】
  5. 【冬の季語】白息
PAGE TOP