漕ぎ出でる

  1. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】

    黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる宇多喜代子(『宇多喜代子俳句集成』)故郷の家のすぐそばに潮の上がってくる川があって、子どもの頃に釣りなどをしてさんざん海や川に親しんで育ってきた経験からの勝手な印象なのだ…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨の月
  2. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  3. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  4. 【秋の季語】末枯る
  5. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】

Pickup記事

  1. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  2. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】
  3. 【連載】俳人のホンダナ!#5 渡部有紀子
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  5. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
PAGE TOP