濡れる

  1. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】

    水遊とはだんだんに濡れること後藤比奈夫閃きをさっと書き留めたような、一句が素早くものされたような、そういう洒脱な印象を受ける。それはこの句の、割に"散文的"な書かれ方の印象に、言い換えれば"韻文性"…

  2. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】

    春の水とは濡れてゐるみづのこと長谷川櫂(『古志』) この句…

  3. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

    鶯や米原の町濡れやすく)加藤喜代子(「霜天」))米原は主要…

  4. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】

    やはらかきところは濡れてかたつむり()齋藤朝比古でんでん …

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP