濡れる

  1. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 

    家濡れて重たくなりぬ花辛夷)森賀まりこれを書いている今日、雨が降っている。最近は気圧のちょっとした変化が体調に大きく影響するので、雨はかなり苦手だ。今日は少し降るだけだからそこまで気は塞がないけれど…

  2. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】

    水遊とはだんだんに濡れること後藤比奈夫閃きをさっと書き留め…

  3. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】

    春の水とは濡れてゐるみづのこと長谷川櫂(『古志』) この句…

  4. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

    鶯や米原の町濡れやすく)加藤喜代子(「霜天」))米原は主要…

  5. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】

    やはらかきところは濡れてかたつむり()齋藤朝比古でんでん …

おすすめ記事

  1. 【春の季語】紙風船
  2. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  3. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
  5. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】蝶生る
  2. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  4. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  5. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
PAGE TOP