燈台

  1. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】

    燈台に銘あり読みて春惜しむ伊藤柏翠(はくすい)おとなしくしていてね作戦にはあまり効果がなく、また、緊急事態宣言下に入るようだ。みなさん、夏も近づく非常事態宣言発出前夜の金曜日ですよ。…

おすすめ記事

  1. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  3. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  4. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】
  5. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  2. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  3. 【春の季語】愛の日
  4. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
PAGE TOP