1. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀

    百合のある方と狐のゐる方と小山玄紀最終回なので、書きたいことを全部書こうと思う。最近行っているのは、「撲滅運動」。身辺の句会から、面白くない句を面白くないときちんと言うようにして、草の根的に撲滅しよ…

  2. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】

    新道をきつねの風がすすんでゐる)飯島晴子 きつねの風とは何…

  3. 【冬の季語】狐

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】狐【ミニ解説】古来、日本で「狐」といえば…

  4. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】

    乾草は愚かに揺るる恋か狐か中村苑子先週が「草刈」だったので…

  5. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】

    いつまでも狐の檻に襟を立て小泉洋一みなさん、今日は金曜日、…

おすすめ記事

  1. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  2. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  4. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

Pickup記事

  1. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  2. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  3. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】
  4. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  5. 【冬の季語】クリスマス
PAGE TOP