1. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】

    大風の春葱畠真直来よ)飯島晴子『寒晴』は、一気に平易な句風になったという点でよく注目されるわけだが、私の魅力的に思うのは、季題が画面のより中心に移動し、より存在感を増しているところである。〈藤袴とも…

  2. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】

    気が変りやすくて蕪畠にゐる)飯島晴子 以前、内界と外界とい…

  3. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】

    潮の香や野分のあとの浜畠齋藤俳小星さいとう・はいしょうせいまさとし))…

  4. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】

    木琴シロホンのきこゆる風も罌粟畠岩田潔さいきん公道でマスク…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春二番
  2. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  4. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  5. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】

Pickup記事

  1. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  2. 【冬の季語】古暦
  3. 【秋の季語】穴惑
  4. 【春の季語】早春
  5. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
PAGE TOP