百合山羽公

  1. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】

    初場所や昔しこ名に寒玉子百合山羽公(「日本大歳時記 新年」昭和56年 講談社)羽公の句の魅力の一つは独特の抜け感にあり、鈴木豊一の言葉を借りるなら、「有情滑稽」という評はたしかにふさわしいように思わ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  2. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  3. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  4. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  5. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  3. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  4. 【夏の季語】夜の秋
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月6日配信分】
PAGE TOP