空蟬

  1. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】

    襖しめて空蟬を吹きくらすかな)飯島晴子) 昭和四九年の作。晴子は五三歳。第二句集の『朱田』に収められている。 この句の季語は、「空蝉」で、夏。しかし、この句にはもう一つ季語が入っている。「襖…

  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻

    【解説】蟬のぬけがらのこと。【関連季語】蟬など。【空蟬】空蟬のいづ…

おすすめ記事

  1. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  2. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  3. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】
  4. 【冬の季語】マスク
  5. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生

Pickup記事

  1. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  2. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  3. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  4. 【春の季語】初花
  5. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
PAGE TOP