立子忌

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】

    雛節句一ト夜過ぎ早や二タ夜過ぎ星野立子今日は3月3日金曜日、雛祭りである。筆者は三人兄弟なので雛祭りとは無縁で育ったが、俳句を作るようになり関心を持ち始めた。先週、兵庫県小野市の「ビッグひなまつり」…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  2. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  4. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  5. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  4. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  5. 【冬の季語】漱石忌
PAGE TOP