紫陽花

  1. 【夏の季語】紫陽花

    梅雨の時期の代表的な植物。俳句では、四枚の萼の中心に細かい粒のような花をつけるので「四葩」ともいわれますし、色がしだいに変化するので「七変化」とも呼ばれます。歴史的かなづかいだと、「あぢさゐ」。紫陽花には「…

  2. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】

    紫陽花のパリーに咲けば巴里の色星野椿 紫陽花が見頃を迎えつ…

  3. 紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子【季語=紫陽花(夏)】

    紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る)津田清子福山雅治は作詞…

  4. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】

    水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石紫陽花の花が色づき始…

  5. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】

    あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢異論があるかもしれ…

おすすめ記事

  1. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  2. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  3. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  5. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】

Pickup記事

  1. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  2. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  3. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と山口誓子
  5. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
PAGE TOP