終わる

  1. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】

    忽然と昭和をはりぬ夕霧忌森竹須美子(『角川大歳時記』) 昭和は、1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇の崩御により終わった。その数か月前より、入院後の病状の詳細が毎日のように報道されていた。死因…

  2. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】

    恋終りアスパラガスの青すぎる神保千恵子(『現代俳句選集』)…

  3. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】

    夏場所の終はるころ家建つらしい堀下翔))いろいろと面白い句…

おすすめ記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  2. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  3. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  4. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7

Pickup記事

  1. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  2. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  5. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
PAGE TOP