繰り出す

  1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

    でで虫の繰り出す肉に後れをとる)飯島晴子) この句は昭和五九年の作で、晴子は六三歳。『八頭』に収められている。 最初にこの句を読んだとき、「でで虫の繰り出す肉」というフレーズにどきどきした。…

  2. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

    でで虫の繰り出す肉に遅れをとる飯島晴子飯島晴子はいつも吟行…

おすすめ記事

  1. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  2. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  3. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  5. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  2. 【冬の季語】春隣
  3. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  4. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  5. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
PAGE TOP