羽ばたき

  1. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】

    蟭螟の羽ばたきに空うごきけり岡田一実龍とか、鳳凰とか、麒麟とか、伝統を背負った架空動物を句材にするのって難しくないですか? わたしはたまに迷います。架空の生き物が創造された発端というのが…

おすすめ記事

  1. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  2. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  3. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  5. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】

Pickup記事

  1. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】
  2. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  3. 【冬の季語】豆撒く
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  5. 【秋の季語】銀漢
PAGE TOP