而して

  1. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】

    而して蕃茄の酸味口にあり嶋田青峰(『青峰集』大正14年)この時期、遠くの産地から運ばれてくるトマトと、近隣の畑で採れているトマトではまったく味が違う。もちろん後者が段違いにおいしく、前者は味がない。…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】大年
  2. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  4. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  5. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  2. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  3. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  4. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
PAGE TOP