1. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】

    ゆく船に乗る金魚鉢その金魚島田牙城金魚といえば、日本の夏の風物詩。金魚鉢の中をひらひらと泳ぐ金魚は見ていて飽きない。掲句には、なんとも不思議な心地よさがある。これは何だろう。掲句の光…

  2. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】

    退帆のディンギー跳ねぬ春の虹根岸哲也いつだったか、バスに乗…

  3. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】

    初春の船に届ける祝酒中西夕紀新年いかがお過ごしでしょうか。…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  3. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  4. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  5. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

Pickup記事

  1. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  3. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  4. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  5. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
PAGE TOP