1. 【秋の季語】茸(菌)

    【秋の季語=晩秋(10月)】茸、菌(きのこ)、茸(たけ)世の中には、さまざまな茸があります。食用の茸には「松茸」「椎茸」「占地」「舞茸」などがありますね。たいして、「毒茸」には「天狗茸」「月夜茸」「…

  2. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)

    「梅雨」の時期に見られる「茸」。雨の多い時期にきのこを見つけると、嬉しくな…

  3. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】

    老僧の忘れかけたる茸の城)小林衹郊 今朝の信濃毎日新聞読者…

  4. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  2. 【秋の季語】茸(菌)
  3. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  4. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  5. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】

Pickup記事

  1. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  2. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  3. 【春の季語】春節
  4. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  5. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
PAGE TOP