蓑虫鳴く

  1. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く

    【秋の季語=三秋(8月〜10月)】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く【解説】木の葉や小枝を糸でくっつけて巣を作り、そのなかにひそんでいるミノガの幼虫。日本で約40種類ほどが知られていて、よく観察されるのは、「オオミノガ」「チャミノガ」…

おすすめ記事

  1. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  2. 【冬の季語】小寒
  3. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  5. 【夏の季語】鮎

Pickup記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  3. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  4. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  5. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
PAGE TOP