1. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】

    気が変りやすくて蕪畠にゐる)飯島晴子 以前、内界と外界という話で掲句に言及したことがあるが、別の意味でもいかにも晴子らしい句である。それはすなわち、蕪畑の整然とした、そしてひんやりとした空間を基盤に…

  2. 【冬の季語】蕪

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】蕪【ミニ解説】「大根」や「人参」や「葱」…

  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ

    蕪のクリームスープCrème de navet大寒…

おすすめ記事

  1. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  2. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

Pickup記事

  1. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  2. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  3. 【クラウドファンディング実施中】『神保町に銀漢亭があったころ』を本にしたい!【終了しました】
  4. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  5. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
PAGE TOP