1. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】

    五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦「五月雨や」という上五は、どうしたって「大河を前に家二軒」という蕪村の名句を惹起する。その文学的記憶に、作者は生活のなかの小さな命のありようを配した。夏…

おすすめ記事

  1. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  2. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  5. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

Pickup記事

  1. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  2. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  3. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  4. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  5. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
PAGE TOP