蜆汁

  1. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】

    ものゝふの掟はしらず蜆汁秦夕美(『雲 秦夕美句集』)掲句は、秦夕美の最新にして遺句集となった『雲』から抜いた。「ものゝふ」というと少し異化効果が出てくるが、要は武士のことである。和歌ならば「ものゝふ…

  2. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

    蜆汁神保町の灯が好きで山崎祐子))東京都千代田区神田神保町…

おすすめ記事

  1. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 【春の季語】白魚
  3. 【春の季語】浜下り
  4. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  5. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  2. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  3. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  4. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  5. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
PAGE TOP