蜜柑

  1. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】

    みかんむくとき人の手のよく動く若杉朋哉田中裕明の「よき友はものくるる友草紅葉」を都合の良いときに呟いている私だが、数軒先のお宅はその意味でもまことに良きご近所だ。亡き母が私に似ずそこそこの社交家だっ…

  2. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】

    みかんいろのみかんらしくうずもれている岡田幸生(新版『無伴奏』2015年)…

おすすめ記事

  1. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  3. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  4. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  5. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  2. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  3. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  4. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  5. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
PAGE TOP