1. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】

    赤い月にんげんしろき足そらす富澤赤黄男(『魚の骨』) 〈宙に浮く左の脚にキスされたことを死ぬまで覚えていよう 笹岡理絵〉。この歌に出逢ったのは、16年前のこと。『新世紀青春歌人アンソロジー 太陽の舟…

  2. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇

    【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇(「心の花」同人)…

  3. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】

    赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな稲畑汀子先週の土曜日、鎌倉虚子…

  4. 【#17】黒色の響き

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#17】黒色の響き青…

  5. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】

    かき冰青白赤(トリコロール)や混ぜれば黎(くろ)堀田季何太…

おすすめ記事

  1. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#09】アメリカの大学とBeach Boys
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  2. 【春の季語】沈丁花
  3. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  4. 【春の季語】桜
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
PAGE TOP