1. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)銀座は不思議な街である。デパートやブティックの賑わう日中、日本有数の歓楽街と化す深更。どこか静謐な雰囲気の漂う明け方と、めまぐるしく姿を…

おすすめ記事

  1. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  2. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  4. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  5. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】

Pickup記事

  1. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  2. 鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美【季語=鯖・茂(夏)】
  3. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  5. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
PAGE TOP