車窓

  1. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】

    さよならと梅雨の車窓に指で書く長谷川素逝(『三十三才』『定本素逝集』) 梅雨の頃の電車の車窓は曇りがちで文字を描くことができる。ボックス席の窓には様々な落書きがある。ひと昔前なら相合傘。最近は「好き…

おすすめ記事

  1. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  3. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  5. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  2. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  3. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
PAGE TOP