逃げる

  1. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】

    汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし目迫めさく秩父(『雪無限』琅玕洞)つい、「野分」を衛星画像の移動する台風のように想像してしまうのだけれど、そんなもののない時代の作品。風を可視化するには、芭蕉「吹き…

  2. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史

    GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ関悦史『俳壇』12月号の…

  3. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】

    何故逃げる儂の箸より冷奴豊田すずめ俳句を始めて間もない頃、…

  4. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】

    非常口に緑の男いつも逃げ田川飛旅子(『薄荷』1982年)人…

おすすめ記事

  1. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  2. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  3. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  4. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  5. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蓮
  2. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  3. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  5. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
PAGE TOP