通る

  1. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

    すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる阿部完市(『にもつは絵馬』昭和49年)先日、ライブに行った。ポリフィア(Polyphia)というテキサスのバンドで、ジャンルとしてはプログレッシブ・メタルという分…

  2. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

    雪兎なんぼつくれば声通る)飯島晴子また雪兎であるが、お付き…

  3. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

    すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる阿部完市あっという間に…

  4. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】

    やがてわが真中を通る雪解川正木ゆう子句の細部に目が留まる前…

おすすめ記事

  1. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  2. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  4. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  5. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

Pickup記事

  1. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  3. 【冬の季語】蓮根掘
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  5. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
PAGE TOP