遠藤由樹子

  1. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

    血を分けし者の寝息と梟と)遠藤由樹子残念ながら、いまだ野生のフクロウを見たことも、鳴き声を聞いたこともない。野鳥観察をしているといっても、基本的に自転車で行ける範囲なので、せいぜい家から十数キロの平…

  2. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】

    きちかうの開きて青き翅脈かな()遠藤由樹子わたくしごとにな…

  3. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】

    青嵐神木もまた育ちゆく遠藤由樹子神木というと、屋久島の縄文…

  4. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】

    江の島の賑やかな日の仔猫かな遠藤由樹子江の島かあ。長いこと…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子

    角を曲がれば遠藤由樹子かなり以前ということは確かだが、それがいつであったか…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  2. 【春の季語】朧夜
  3. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】
  4. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  5. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津

Pickup記事

  1. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  2. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  3. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  5. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
PAGE TOP