重なる

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】

    薄氷の吹かれて端の重なれる深見けん二平成に発表された人気の句をランキングし、総括を試みた特集(角川『俳句』2019年5月号)でも、かなり上位に推された句である。一瞬を切り取り、そこに森羅万象の奥行き…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】注連の内
  2. 【新年の季語】門の松
  3. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  4. 【春の季語】白梅
  5. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】

Pickup記事

  1. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  4. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  5. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
PAGE TOP