開く

  1. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

    魚は氷に上るや恋の扉開く青柳飛(「天為」) 俳人の間で「歳時記カレンダー」(株式会社シーガル)が流行っている。季節ごとの行事や動植物が絵入りで掲載されており、旧暦の記載もある。そして二十四節気七十二…

  2. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦

     炎ゆる 琥珀の神の    掌(て)の 襞  ひらけば  …

  3. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】

    きちかうの開きて青き翅脈かな()遠藤由樹子わたくしごとにな…

  4. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

    見るうちに開き加はり初桜深見けん二(ふかみけんじけん忙中閑…

おすすめ記事

  1. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  2. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
  3. 【春の季語】朧
  4. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  5. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】

Pickup記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  2. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  3. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  4. 【春の季語】初蝶
  5. 【秋の季語】秋刀魚
PAGE TOP